社長挨拶
TOP > 社長挨拶
ご挨拶
 わが社がおかれている自動車関連業界に限らず、今までの常識や、普通としていたものが劇的に変化、変動していく中で、変革するモノづくりに対応すべき課題は、質的にも量的にも、とても大きく困難なものでありますが、それを一つひとつであっても乗越えていかなくてはいけません。
 そうした中、忘れてはならないのは、信頼・信用の享受なくして企業は成り立たずです。われわれは、今まで培ってきた技術・技能に満足せず、常にあくなき好奇心と、たゆまぬ努力を、おしみなく、むしろ楽しむかのごとく、更なる向上に努めています。そして、確立された技術・技能が、われわれの信頼・信用の基盤と考え、また現地・現物・現象の三現主義を基本として、モノづくりに向き合っていきたい、これが課題に対処していく近道と思っています。
 製造現場のみならず、すべての部門に渡り、それぞれの技術・技能を向上させ、仕事に楽しさを見出して行こうではありませんか。
 そして、お客様がグローバル競争に打ち勝つための、技術革新へのお手伝いに繋がれば、これまた、モノづくりの楽しみは倍増以上と、私たちは思い感じて取り組んでいます。
平成30年8月20日
代表取締役 靍谷 貞夫
会社理念
 我々は、物づくりにロマンと情熱を注ぎ、優れた技術・技能をもって完遂する喜びを共有し、邁進する。
 我々は、全従業員の総力を結集させ、仕事を通じお客様に満足いただき、社会への貢献と社業の繁栄を目指す。
 
安全環境改善指針

杉江精機株式会社の環境に関する基本理念に基づく環境方針。

基本理念
  1. 我々の取組み活動は、自然・社会との共生を育み、ひいては地球環境保全へと発展するよう継続・改善に努めていく。
  2. 『我々が地球を守っていくのだ』の思いを持って、地球にとってどんな貢献が出来るのか常に考え行動をする。
基本方針
  1. 関連する環境の法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。
  2. 事業活動において環境に与える影響を認識し、限りある資源の有効活用、廃棄物の削減ならびにエネルギー使用量の削減に取り組む。
  3. 環境目的及び環境目標を設定し、継続的改善及び汚染の予防に努める。
  4. 生産活動、製品又はサービスの品質向上を目指すと共に環境保護対策を推進する。
  5. この環境方針は当ホームページに記載し外部の人でも閲覧できるようにする。
適用範囲
  1. 対象組織   杉江精機株式会社   名古屋市港区千年三丁目101-12
  2. 活動範囲   治工具、専用機・試験機の設計、製造、販売、メンテナンス、協力工場(機械加工、メッキ)
CSR方針

杉江精機株式会社は、誠実な企業行動を通じて、社会の持続的な発展に率先して貢献します。
そして、この方針の趣旨が取引先様を初め、弊社を取巻く利害関係者様達に指示され、行動に繋がることを期待します。

CSR ( Corporate Social Responsibility  企業の社会的責任 )

ガイドライン - 2018年6月1日 -
  1. 環境保全・・・・ISO14001のEMSによる活動の継続、改善に努めます。
  2. 職場安全・・・・安全で働きやすい職場づくりを推進しています。
           ( 安全衛生環境相互診断チェックシートなどの活用と展開 )
  3. 社員尊重・・・・社員を大切にして、個々人が生き生きと働けることをめざしています。
    • 派遣管理
    • 請負管理
    • 労働時間管理
    • 人権問題管理
  4. コンプライアンス・・・・法令とその精神を遵守すると共に倫理的行動を実践していきます。
    • 下請法の遵守
    • 入国管理法の遵守
    • 反社会的勢力への対応
    • 機密情報の管理と保護

CSR責任者     靍谷 貞夫 (代表取締役社長)
CSR責任担当者   徳重 義幸 (管理部総務課総務係長)